47都道府県女ひとりで行ってみよう

内容

33歳から37歳にかけて47都道府県を制覇した益田ミリさんのエッセイ集。

旅行地ごとに
2~3ページのエッセイ、
旅行費の内訳、
その土地にまつわる小話四コマ漫画
がついてます。

“毎月”、”一人旅”という条件で連泊や日帰り旅行の体験談を誇張せずありのまま綴ってあります。
都道府県の有名な観光地が、さくさく読める分量で書かれてるからこれから旅行を考えている人は色々と参考になるかも!ミリさんが実際に使った費用も(当時の金額だけど)ありがたいね!

ただ、日帰り旅行だと情報量とか濃い体験談は少ないし、
いい意味でも悪い意味でもありのままの感想(あの食べ物は苦手だった…とか)が書かれているから
好き嫌いは分かれそう…
実際AmazonレビューとかSNSで、このエッセイ読んだ人の感想みたら辛辣なこと書いてる人結構いたし笑

ゆるくて飾らない、旅行したくなるような1冊でした(´▽`)

感想

★☆☆

うーん…
「私には合わなかった」とか
「挑戦したけどやっぱり苦手だった」とか
「多分もう来ないだろう」とか…
マイナスな発言多くて私はちょっと苦手だったかも😂
10都道府県中1箇所不満な場所があった、とかなら違和感なく読めたと思うけど
なんか。。。全部に文句言ってない?って勢いで不満が吐き出されていたような。
あと、
自分が苦手な食べ物を旅先であえて注文したのに「予想どおり、ダメだった」
って残して逃げるように店をでたっていうエピソードも「?」だった( ;∀;)
苦手なものは頼まないほうがいいですよ!笑
ちなみに私が「?」だったこの場面、他の人のレビューみたら
「名の売れた作家なのに、なんでわざわざこんなこと書くの?書かなくてよくない?
自分の影響力はある程度知ってるはずでしょ?」って怒ってる人いた。。

いやまあ、そうだよね、怒るわな。
自分の出身地だったら余計気分悪いわな。
そんで作者のほうも、、、まあ、そうだよな、旅行して全部が全部楽しいわけないよな。
ましてや一人旅。小さいことでも気になっちゃうよな。
でも私の出身、岐阜県が出てきた時は「悪いこと書いてあったらどうしよう」って
読む前から不安になったw本読みながらこういうドキドキ味わうの初めてかもw

あんまりよくない話ばっかしちゃったけどこのエッセイ大好きな人も勿論たくさんいるわけで!
媚びを売らないスタイルが貫かれてて素敵だと思います!
あとやっぱり日本には知らない場所がまだまだたくさんあるんだーって実感しました。
寝台列車とか福島県の「さざえ堂」とか熊本県の「いきなり団子」とか…
全然知らない!!!聞いたことない!!!行ってみたい食べてみたい!!!
いや~これだから旅行エッセイはワクワクするんだよね~。

そしてこのエッセイをどう感じたか知りたいのでもし読んだ人いたら教えてくれ!笑

にほんブログ村 本ブログへ

参加してます

20万冊以上から選び放題!紙の本のサブスク「タダ本」

電子書籍をお得に読むなら【ひかりTVブック】

250,000冊以上の取り揃え!【DMMブックス】

コメント

  1. いでかみ より:

    あら、アンタいきなり団子知らんとね!?そりゃ人生損しとーばい!(そこまで美味しいわけでもない)

タイトルとURLをコピーしました