風が強く吹いている

あらすじ

陸上経験の有無も、性格もバラバラな10人が箱根駅伝を目指す。

走ることが全て。走ることしかできない。走るために生まれてきた青年「走(かける)」と
全てを受け止め箱根駅伝に導く「灰二(ハイジ)」。

二人が出会い、箱根駅伝への物語が走り出す。

走ることを通じて仲間との絆、自分との闘い、気持ちよさを知る。
速さとは?強さとは?箱根駅伝で何を得る?

ネタバレなし感想

ちょっともう言葉にならない…
余韻と興奮と感動で…
余韻が一周してもはや切ないとか虚しいとか、そういう感情になる笑
私が死んだらこの本墓に備えてくれってくらい心揺さぶられた一冊。続きが気になるのに読み終えたくないと思う感覚をはじめて味わいました。

箱根駅伝は毎年正月に祖父が見てるのをなんとなーく見てたくらいで全く知識がなかったけどその見方が180度変わった。次箱根駅伝の中継見たらゴール付近関係なく最初から最後まで泣きそう。

私多分これ人生で一番の本だわ…

これ、三浦しをんさん6年かけて書いたんだって。私が小説にハマったきっかけの一冊も三浦しをんさんだったけど、この本はその時の感動も越えた。

メインキャラクターが10人もいて、更にその周りにも個性豊かなキャラクターがいるのに全員の人物像がはっきり分かる。そして全員愛おしい。本を読んでるだけなのに、走る感覚、息が上がる感覚になったの初めてだ…。

この小説のすごいところ

個性溢れる魅力的なキャラクター
キャラクターが多い!まず選手が10人!
加えて、ライバル、家族、気になる存在、大家、街の人…
文字だけでこんなにたくさんの登場人物を個性と魅力と共に生み出せるものなの!?
最初に一気に人が出てきてあわわわってなったのも一瞬。というか0.5秒。
全員の名前はもちろん、経歴・性格・雰囲気まで想像できるようになる。
まずこれにびっくりした。だって文字だけだよ?
しかも全員愛おしい。
性格も考え方もばらばらなはずなのにいつの間にか「誰も欠けてはならない存在」になってる。
すごすぎるよ…

とにかく比喩がすごい

箱根駅伝に向けた練習メニュー作りや事務的な手続き等のせいで疲労困憊のハイジ。
そんなことはつゆ知らず、衝突し喧嘩を始めてしまうメンバーの前でついにハイジは倒れてしまう。
誰もが自分のことしか考えていなかったことを反省し、倒れたハイジに付き添うシーン。

釈迦の入滅を知った森の動物たちのように、走たちはしんみりと布団のまわりに集まっていた。

引用:風が強く吹いている 202ページより

レース中、緊張と興奮で周りが見えなくなってしまったムサ。
あるきっかけで彼は自分を取り戻す。そんなムサが周りの状況を認識し集中力を取り戻すシーン。

開けた掃き出し窓から、カーテンを揺らして部屋に風が通った時のように、周囲の様子がムサの目と耳に飛び込んできた。

引用:風が強く吹いている 427ページより

びっくりするほど関係ない単語が、びっくりするほど当てはまって、より鮮明に情景をイメージできる働きをする。三浦しをんさんの比喩が大好きで、面白いと思った比喩全部チェックしてみようと思ったけど無理だった。

これ↓ほんの一部だけど素敵な比喩が多すぎてカウントすることが野暮なことに思えてやめた笑

文字を読んでいるだけなのに走りを体験している感覚になる
冒頭でも書いたけど、読んでるこっちまで息が上がる体験したのははじめて。
感情移入して苦しくなったり泣きそうになることはあっても、息切れとか足が軽くなったり重くなったしする感覚ははじめて。ページをめくる度に、疾走感を味わえる本はこれだけ!!!走っている環境、状況に加えて、選手の繊細な感情の変化、仲間への信頼、それぞれの思い、”走る”を通して”走る”以外のことが見えてくるから余計に気持ちが熱くなる…!!!!

本当に一番大好きな小説です!!!!
この小説だけで酒が飲める!!(上司と飲み行ってキングダムの話で2時間使った経験ある人)

総評

おすすめ度
★★★★★

青春度
★★★★★

感動度
★★★★★

スピード感
★★★★★

にほんブログ村 本ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました