月魚

あらすじ

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。

(「BOOK」データベースより)


平成16年5月25日
角川文庫

「月魚」は「げつきょ」って読むよ。私はつきさかなって読んでたよ。

ネタバレなし感想

★★★★☆

常に貸出中で図書館2つ張り込んでやっっっっっと手に入ったKOCHIRAの一冊。う、美しかった…本当に美しい物語だった…三浦しをんさんの書く男性キャラクターが本当に好きなんだけどみんなもそうだろ?

ただ、、、短かった…そして(物理的に)薄かった…。もっと2人のやりとり見たかったのでいつか続編が出ると信じて待ってます。その時はもう、あれですよ、もっと全然こう、官能的にやってもらって構わんです。こちとら見てるだけなんで。へへっ。

内容的にはしっとり静かに進んでいくこのお話。古書店がテーマだからそんなに大事件でドタバタ!的な展開はない。三浦しをんさんの透き通るような文章に魅せられました。二人の青年の微妙な心情と、過去の出来事がどうリンクしているのか是非読んでいただきたい。古書店という業界についても色々知れるので面白いです。

それにしても色素薄い着流し姿の一人称「私」の青年って、、、
シキソウスイキナガシスガタノイチニンショウワタシノセイネンッテ、、、タベチャイタイ、、、

ネタバレ解説

古書店とせどり屋

みなさん「古書店」ってご存じですか?私もこの小説を読むまでは全然知らなかったんですけど、古書店っていうのは普通の本屋さんではなく、文字通り「古書」を扱うお店。歴史、演芸など当時の文化の影響を受けている非常に価値が高い本が並んでいるのだそう。もちろん国宝や文化財に指定されているものもあり、希少価値の低いものから高いものまで様々。

絶版になっているものや、市では出回っていないものなど、業界をはじめとした愛好家やマニアの間では多くの額が動くことも。そしてそこに関わってくるのが「せどり屋」。いわゆる転売屋です。安く買い取り、別の店に高く売るというあれです。

せどり屋っていうとちょっとマイナスなイメージがありますが、全てがそうでもないようです。
ex.流通の助けになってる

瀬名垣の父はちょうどこのせどり屋として生計を立てていました。そして、点々と渡り歩き無窮堂にたどり着いた時、古書店業界の大御所 本田翁(真志喜の祖父)に出会います。本田は瀬名垣の父がどれだけ本を愛しているかを見抜き、周囲に噂されようとも構わず瀬名垣の父を受け入れるのでした。

瀬名垣の過去

老舗無窮堂の三代目ジェイソールブラザーズとして産まれた真志喜と、業界のはみ出し者として見られるせどりやの息子、瀬名垣。瀬名垣の父が無窮堂を訪れるようになってから二人はよく顔を合わせるようになり一緒に育ちました。

ある日、瀬名垣は真志喜の父が捨てようとしていた本の山の中から一冊の書物を発見します。瀬名垣は幼いながらもその書物の価値を見ぬき、選んだのです。それは業界では幻のように扱われている一冊でした。この書物があれば、父はもっと楽な生活ができるかもしれない、そう思った瀬名垣でしたが…。

無窮堂二代目の本田が捨てようとしていた書物の中に「幻の古書」があった。

見つけ出したのは「せどり屋の息子」

これは、真志喜の父をどん底に突き落とすのには十分でした。真志喜の父は、父である本田翁と息子である真志喜の才能に追いつけないことに苦しんでいたのです。追い打ちをかけるように、自分では見抜けなかった本の価値を、見下していたせどり屋の息子に見ぬかれる―――。

真志喜の父はふらりと家を出て、帰ってくることはありませんでした。

真志喜と瀬名垣の間にある壁

瀬名垣の父は、自分を認めてくれた無窮堂にとんでもないことをしてしまったと驚き嘆き謝罪します。二代目のプライド、立場を傷つけ更に追い出してしまったことへの負い目を「もう二度と無窮堂に近づかない」という自らへの罰とし、瀬名垣にも無窮堂に行くこと、真志喜に会うことを禁じました。

瀬名垣は無知な自分が犯したことの重大性、真志喜から父親を奪ってしまったことに傷つきます。

しかし、どうしても真志喜に会いたくなった瀬名垣は禁じられていた無窮堂に入り、真志喜と再会します。真志喜は「もう来てくれないのかと思った」と瀬名垣に抱き着き、瀬名垣は「おまえが望むかぎり会いにくる」と返します。

真志喜は自分の父のプライドが、瀬名垣を苦しめていること、瀬長垣は罪の意識で自分に会いに来ていることに苦しみます。

まあ、瀬名垣は普通に真志喜に会いたいから無窮堂に出入りしてるんだけどね

過去との対決

古書の買い取りの為、とある山奥のお宅に向かう真志喜と瀬名垣。早速、買取金額の査定を開始しようとするも、ふたりの若さを見た依頼主側は不満を漏らします。「こんな若い男たちに、正しい査定ができるのか」と。

そしてこともあろうか、二人を呼びつけておいたくせにその町の古書店「黄塵庵」とどちらが正しい査定をするのか対決させるというのです。業界のご法度ともいえる同業者同士の対決に怒る真志喜。その挑戦受けてやる、と話を飲む瀬名垣。そんなワイルドな瀬名垣が好き。

なんだかんだでその勝負をうけることになった彼らの前に現れた黄塵庵。なんとその正体は家を出たっきり行方をくらましていた真志喜の父でした。

真志喜。瀬名垣VS今は黄塵庵と名乗る真志喜の父。

勝敗の行方は是非ご自分で読んでみてください(゚∀゚)

相関図

検証 これはBLか否か

ズバリ、これはBLでしょう。(爽)
あ、でもあれだよ、私がそういうの好きだからって必殺なんでも腐女子フィルターをかけてるわけじゃないよ、証拠が揃ってるんだよこっちは!!!

ということで「これはもうそういうことですやん」という描写TOP3。

№3】幼い頃と比べてぐっと男性らしい体つきになった瀬名垣のことを考える真志喜。この後彼は一人で顔を赤らめます。

真志喜は着物の袖からのぞく、肉付きの薄い自分の腕を見る。その腕をつかみ、低い声で「ましき」と呼ぶ瀬名垣の声が耳によみがえった。

引用:月魚p34

【№2】出先で一夜を共にした二人。「昨晩は冷えたでしょう、よく眠れましたか」という問いに対する瀬名垣の返答。

「いえ、熱い● ●くらいでしたよ」

引用:月魚p88

【№1】作品終了後、あさのあつこさんによる解説。今まで直接的な描写はなかったけど、この一文で私は確信を持った。この人たち…デキてる…(歓喜)

それは、闇の中に瀬名垣が見るだろう白い裸身だろうか

引用:月魚p232(あさのあつこ氏による解説)

この他にも色々、妄想を掻き立てる描写がありまして…この小説がBLかどうか、明確な表現はないしレビューを見ても色々意見があるみたいですが。。。

1つ確かなことを言うならば、作者の三浦しをんさんはBLや漫画が大好きなお方です!!!!!三浦しをんさんのエッセイもめちゃくちゃ面白いので是非読んでみてください。

まとめ

物語に登場する無窮堂の庭にある、姿を現さない池の主。この魚について詳しく描かれている場面はありませんが、時にどす黒く、時に美しく輝き、二人の心情を現しています。本を愛し本に愛された二人と、月に照らされる魚が連想させる静寂と美しさ。

様々な葛藤を抱えながらも、お互いを必要とする二人の関係が素敵でした!

にほんブログ村 本ブログへ

参加してます

20万冊以上から選び放題!紙の本のサブスク「タダ本」

電子書籍をお得に読むなら【ひかりTVブック】

250,000冊以上の取り揃え!【DMMブックス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました