日々是作文

31歳の私に、10年後の私をこっそり教えてあげたい──。離婚して仕事もお金もなく、実家に寄生するしかなかった31歳。直木賞を目標にかかげて、胃痛に苦しみながらも、必死で作品を生み出しつづけた30代中盤。念願の直木賞を受賞した38歳。ずっと一人で生きていくと思っていた矢先の、39歳での再婚。幸せな生活のはずが、うつ病で入院してしまった40歳。絶品の恋愛小説で読者の心をゆさぶる著者も、様々な葛藤を抱えながら生きてきた。心に沁みるエッセイ集。(引用:裏表紙本文紹介)

こんな人におすすめ

直木賞作家の日常を覗いてみたい人。
直木賞作家も人間だ!!!しかも価値観もライフスタイルも結構普通だ!!(いい意味で)
っていうのが第一印象。恋もするし、買い物も好きだし、お酒大好き。
だらだらしたら罪悪感、何をしてても頭のどこかで締め切りのこと考えてる自分がいる。
直木賞受章のエピソードや作家としてのライフスタイルが面白く書かれてます(´▽`)

カフェや待ち時間なんかにぼ~っと何かを読みたい人。
“続きが気になる!””集中した環境で読みたい!”なんてことにはならず自分のペースでまったり読めます。やっぱりこれがエッセイの醍醐味っすね(私的に)。
一つ一つの話がかなり短くスッキリまとまってるのでちょこちょこ読むのにちょうどいい。
あと重い内容の小説を読んだ後に読むと息抜きになります。笑
私は三浦しをんさんの「光」の後にこれを読んだんですけど、このタイミングでこの本を開いて正解でした。光、重かったなあ。

人間関係(友達、家族)に悩んでいる人。恋愛に行き詰っている人。
人間関係のもやもや、もしくは色恋沙汰の渦中にいる人ってなかなか客観的になれないですよね、
このいい意味でだらだらしたエッセイ読んで一回冷静になりましょう。笑
「そんなに頑張らなくてもいいや~いっそのことのんびり旅行しよう~」
「まあ恋はしてないよりしてたほうがいいよね~」
っていうテンション、結構大事じゃないですか?
いい思い出も悪い思い出も、今に繋がってても繋がってなくても経験は宝物。

内容、感想

山本文緒さんのエッセイ。
山本さんが思う恋愛、仕事、生き方の考え方がみっちり詰まった一冊。
この一冊で彼女のこだわり、小説家としての日常だけでなくプライベートなライフスタイルまで
想像できてしまうくらい色んな角度・テーマで綴られたエッセイでした。

文中にでてきた「ニッポニアニッポン」。
これは何のことか、本文の内容から拝借させてもらうと

仕事仲間の男女が、仕事の都合でランチを二人でとることに。すると会話中突然男がこう言いました。
「女はバカだから」
女は「え?」と聞き返します。「どういう意味?」
男は続けます。「男が女より頭がいいのは明白。女は結局論理的に物事を考えられないしなんたらかんたら」
男は”俺は日本中の男の中でも中の上”といい胸を張っているけど、四十代の独身で彼女はおらず
ランチの支払いは、女が誘ったとはいえ一切財布も出さなかった。

この男がまさにニッポニアニッポン!!
らしいです。

別にこの男性を批判したいわけじゃなく、こんな人がいたってことを体験談として書いてるだけなんだけど、いますよねこういう人。
私も合コンで「さしみちゃん料理作れるの?へー。すごいじゃん、俺の中でさしみちゃんのポイント上がったよ」と言われ「なんだこいつ」と思ったり、前職の上司が「女は男が家事を手伝うとすぐに調子にのる、俺は会社でも家庭でも一番偉いってことを分かっていない」と部下の前で豪語しているのを見て「なんだこいつ」と思ったり、彼氏でも旦那でもない友人に「ほら、早くお茶入れて」と言われ「なんだこいつ」と思った経験あります。私の身近にもニッポニアニッポン。

思いやりの心が大事。(´-`)
女性がこんなことを感じているように、男性も女性からなんらかの形で不快な思いをしているかもしれない。でもね、気づかないんだろうね、相手がどんな気持ちになるのかを。反面教師。

でも驚いたのが、山本さんがこのエッセイを出版されたのは2007年なんです。
今から10年以上前!いつの時代も変わらないんだなあ(´-`)

お酒、煙草、買い物。色んなキーワードが出てくる本でした。
ほんの一部しか紹介できないけど、山本文緒さんの人間味あふれるあったかい一冊でした。

素敵な一文

「失敗してもいいんです、面白いじゃないですか。人生色々あった方が。」
結婚、離婚、再婚を経験した山本さん。
私、自分のことをわりと楽観的な性格だと思ってたけどこのシチュエーションでこの発想はなかったです。「結婚の失敗は絶対に許されないもの」と何故か勝手に思い込んでたのでハッとさせられました。

「”寂しい”と感じるのは一人でいる時ではなく大勢でいる時だ。特に表面的な会話が空振りしている時”何やってんだろ、私”という気分になる」
むちゃくちゃ分かる…その場を取り繕うだけの場と化した宴会とかでふと我に返るとね。
これ、もしかして賢者タイムってやつ?ごめんなさい。
表面的な会話が空振り…こういう表現、さすがだなあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

  1. でかみ より:

    ちなみに賢者タイムというのは諸説ありますが、雄は行為中、全くの無防備で周囲の警戒ができていません。そのため、行為が終わると同時に自分が敵に囲まれていないか、危険に晒されていないか等、冷静になる必要があるのです。そこから賢者タイムという言葉が産まれたわけであって、決して女性を軽んじたり、蔑んだりしているわけではなく、あくまでも女性を守るための行為として賢者タイムがあるということを覚えていてほしいです。逆に言えば、賢者タイムがない男は野生の場においてはすぐに殺される、文字通り馬鹿だということにもなりますね。

タイトルとURLをコピーしました