前職では”放火魔”と呼ばれていました

最近、勤めている会社のビルで避難訓練があった。
といっても訓練に参加したのは別のフロアにいる企業で、
私たちは館内放送によって打ち合わせや会議を遮られるだけでその日は終わった。

避難訓練といえば、前職の避難訓練は壮大なものだった。
比較的大きな会社だったため、避難訓練は重要な行事。
消防団を招いた訓練の後は消火器体験、AED講習と続き、半日がかりで全て終了する。

消防団を招く大切な行事のため、段取りを確認する意味で
避難訓練のリハーサルというよく分からない予定が組み込まれている。
毎年のことだ。
しかし、その年はグループ会社の社長の皆さんがリハーサルを見学しに来るという。
社長の面々にお粗末な姿は見せれないと
避難訓練のリハーサルのためのリハーサル
が行われることになった。
もはや何のことだか分からない。

結局、訓練はリハーサル2回と本番1回の計3回行われた。

問題は私の設定だ。
私は事前にある役割を与えられていた。

それは

4階で火災から逃げ遅れ、
足を負傷し、自ら歩くことが困難なので担架で運ばれる役

である。

どうして私が。


しかし職場で大した活躍も見せない一事務員の私に断る術はなかった。

リハーサル当日。
当時、本社には100人近く従業員がおり、けたたましい非常ベルの音とともに
全員階段を駆け下り部署ごとに整列と点呼が行われた。
部署の人数を確認した代表者は、
「報告です!〇〇部!〇名全員無事を確認しました!」と
総務部長に大声で報告する。

「報告です!総務部!7人中6人確認!うち1名、さしみさんの確認が取れません!!!」

これが私たち負傷者隊出動の合図だ。
「よし、行くか。」
人事の森さんと小森さんは担架の両端を持ち、さあ乗るんだと目を向けてくる。
恥ずかしすぎる。ダイエットしとくんだった。さらし者じゃないか。
色々な感情が渦を巻き、ええいもう乗ってしまえ重くても知らん!と顔を赤くしていると
小森さんは「恥ずかしかったらハンカチで顔を隠してもいい」と言ってくれた。
私はその言葉に甘え、そっとハンドタオルを顔に乗せ仰向けになり担架に乗った。

もしかしてこれはすでに死人では…?

時すでに遅し。私を乗せた担架は、整列する全従業員の前をえっさほいさと通過する。
後から聞いた話だが、経理の高山さんは我慢できず吹き出していたそうだ。
そしてなんと私が尊敬してやまない頼れる姉御的存在、岩田先輩も肩を小刻みに震わせていたらしい。

無事(?)訓練用の簡易救護テントに運ばれた私は
片腕を包帯でぐるぐる巻きにされ(負傷したのは足の設定なのだが…)、
テントの中から訓練が終わるのをじっと待ち、次長の

「総務部!負傷者の無事を確認しました!」

の声を聞いた。その後、総務部長が社長に現状報告する。

「従業員全員の無事を確認致しました。今回の火災は4階の給湯室からの出火が原因であります!」

一斉に私を盗み見る従業員の視線が痛い。
もう一度私の設定を説明する。
私は4階で火災から逃げ遅れ、負傷し、担架で運ばれる役。

どう考えても私が原因だ。

しかしそういう設定だ。

そしてこれは最初のリハーサル。
あと2回、私は会社に火をつけ100人近くいる従業員を整列させる。

その日からしばらく、私は同期や先輩から放火魔と呼ばれたのであった。



にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ

コメント

  1. いでかみ より:

    笑ったw
    そしてさしみさん、あなたは私の心にも火を付けました。あなたに対する情熱が燃え上がっています。
    終身刑を求刑します。
    死ぬまで私の隣に居てください。

タイトルとURLをコピーしました