六番目の小夜子

あらすじ

ある高校で密かに受け継がれている奇妙な伝説があった。

3年に1度、生徒の中から”サヨコ”が選ばれる。
選ばれたものは始業式に自分の教室に赤い花を活ける。
“サヨコ”は自分が”サヨコ”であることを誰にも知られてはいけない。
“サヨコ”が”あること”をやり遂げればその年は勝ち。
“サヨコ”は”次のサヨコへ”鍵”を受け渡す。

そして今年は六番目のサヨコが誕生する年だった。

口伝いに語り継がれるサヨコの伝説、転校してきた謎の美少女、教卓に置かれた大きな花瓶と深紅のバラ―――。
受験、友情、恋愛、学生生活最後の1年を迎える生徒たちがサヨコの伝説に翻弄されながらその謎に迫る。恩田陸のデビュー作。


初版発行 平成13年2月1日
新潮社

ネタバレなし感想

真っ赤な花、美しい転校生、謎の碑…
興味そそるキーワード多くてドキドキした〜。あと深紅のバラとか、白い肌とか真っ黒の髪とか、こういう時に表現される血の気のない単色ってすごく雰囲気引き立たせるぅう~って思いました笑
そして美とミステリーの組み合わせって最高だな。。。

これは子供の頃テレビドラマを見たことあるんだよね、まだ少女だった栗山千明がこれまたハマり役で。作品の中で学園祭があるんだけどそのワンシーンだけ強烈に覚えてて、実際に読みながら「おお~~これこれこのシーン!!!」って感動でした!

こてこてのホラー小説かと思ってたけど、恐怖とかスリルよりは学園ものって感じ。
メインの登場人物は同じクラスの生徒で、受験に部活に恋愛に忙しい普通の高校生。
面白かったけどちょっと物足りなかったかも…
恩田陸作品、いつも評価高いから期待値上がりすぎてたみたい笑

「こいつ怪しい!絶対こいつがラスボスじゃん!!」って疑いまくってた人いたけど、その人物結末に1ミリも関与してなかったw私が怪しいって睨む人、絶対キーパーソンじゃない。

ネタバレあり感想

★★☆☆☆
一人目のサヨコだった加藤君の身に起きた恐怖体験とか、由紀夫達が部室でサヨコの謎に迫ろうとした時ドアが突然ガタガタと~っていう心理的不安を煽るような描写、沙世子に乱暴しようとした他校の生徒を襲った謎の犬の件で(おぉ!怖い!ハラハラする!)と思ったものの、中盤からはペースダウン、、ちょっと中途半端だったかな、、、怖い感じで進むならもう少し最後まで恐怖心を煽られたかったというのが正直なところ。

結局サヨコ伝説のマニュアルを作っていたのは担任だった、というオチ。うーん(゜_゜)
謎の転校生”沙世子”、ちょっと面白がってサヨコ伝説に乗っかってただけの普通の少女だったっていうのも(゜_゜)ウーン…
サヨコが勝った年は大学の合格率が高いっていう伝説も。。。こんなにミステリアスでドキドキする設定なのにご褒美は合格率の高さっていうwなんかもうちょっと、こうwww

ただ学園祭の全校生徒で作り上げるサヨコの芝居はすごかった!よく思いつくなあんなの!私がテレビドラマで見て強烈に記憶にあるのがその芝居のシーン。マイクが次々に生徒から生徒に回り、全校生徒でひとつの話を読むというもの。勢いと恐怖で生徒が短いセリフを次々に読む緊張感が伝わってぞくぞくしました。

これ読んだらまたテレビドラマも見たくなってきたな~

にほんブログ村 本ブログへ

参加してます

20万冊以上から選び放題!紙の本のサブスク「タダ本」

電子書籍をお得に読むなら【ひかりTVブック】

250,000冊以上の取り揃え!【DMMブックス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました