テラフォーマーズ7巻

あらすじ

多くの犠牲を出しながら 、合流した小町艦長班とミッシェル班。
作戦会議と、つかの間の休息をとり小町らは本体のアネックス号に向かう。

一方、地球では各国の首相が集まりこの火星地球化計画について話し合いが行われていた。
他国より優位に立つため、言葉を選び慎重に駆け引きする首相たち。
会議と称した心理戦の中、ある切り札の存在をちらつかせ周囲を動揺させるのは日本。
日本の首相はなんとあの人物であった…。
そして話し合いが進むにつれ、この計画の黒幕である国が浮かび上がる。
同じ頃、火星でその裏切者は小町達の前に立ちはだかっていた。
アメリカ、ロシア、中国、ドイツ、日本、ローマ。裏切りの国とは!?

テラフォーマーとの戦いはほとんどなく、各国の醜い駆け引きと
裏切者とのバトルシーンの回でした。
いつかは通る道だと思ってたけど…とうとうきた人間VS人間!
今回も膝丸君全然出てこないんだけど、膝丸君って主人公ではないの?
もしかしてこの漫画って主人公っていうポジションのキャラいない…?

ネタバレあり感想

中国の裏切りが発覚…やりおったな中国め。
今まで中国の影薄かったし全然眼中にない国だった。
なんなら黒幕は絶対ロシアだと思ったぜ。
謎のピラミッド発見とか、小町達がしらない情報持ってたし!
いやーでもロシアが中国のタコ(悪口じゃないよ中国幹部の能力だよ)から
日米合同班を救った時の安心感よ。
は~~ロシアかっけぇ…

そんで蛭間!!おま、内閣総理大臣になってたのか!!
1巻からのふり幅えぐいな!!!
登場シーンはただの卑怯陰キャマンだと思ってたのにいつの間にかめちゃ貫禄ある男になってる!
てか今までバーみたいなところで本多(博士?)と話してたのって蛭間の弟だったのか
息子かと思ってたwしかも名前、「七星(しちせい)」ってめちゃめちゃかっこいいな。

火星に飛び立つ前、もしものことがあった時のために
事前になるべく乗組員の幹部を纏め上げてほしいと頼まれた小町。
回想シーンで小町が「みんなで飯にいこう」って誘ってギトギトのラーメン食べに行くんだけど
ラーメンのあまりの重さにぷるぷるしてるアドルフかわいすぎた( ;∀;)タベキレンカッタネカワイイネ

引用:テラフォーマーズ7巻57話

あと各国の首脳会談中も難しい顔して全然違うこと考えたりしてる人いてわろた。
こういうさりげなくふざけるシーン大好き。

中国のタコも戦略も強かったな~~
タコって生物としてそんなに強いんだね~
あれは反則だろ~
あの戦いを人間同士でやるのもったいない、体力もったいない
ストーリー的には面白いけどあの力はやっぱりゴキブリに向けてほしい。笑


覚醒した膝丸の戦闘回はいつやるの!?
いい加減膝丸君を出してよ!!!
次の巻も中国のタコの話だけだったら怒るからね!!


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

参加してます。

国内最大級の品揃え【DMMブックス】

【ひかりTVブック(電子書籍)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました