さんかく窓の外側は夜1巻 

あらすじ、内容紹介

地味で真面目な書店の店員、三角康介(みかどこうすけ)は物心ついた時から「見える人」だった。
見えることを人に話したことはなく、怖いものは極力見ないよう平凡に生きてきた彼の前に
「除霊」を職業としているという男、冷川理人(ひやかわりひと)が現れる。
突然現れた冷川は三角の霊能力を買い、助手になってほしいと頼み―――!?

ホラーBLくすっと笑える新感覚のストーリー!
幽霊とか死体のイラストは普通に怖いです!!!

除霊の話にBL要素が入る隙間あるの!?
と思ったそこのあなた。
全然意味わからんけど除霊を行う瞬間にこの二人は性的快感を得るらしいんです。
全然意味わからんけど。
まあBLっていうんだから性的快感だけで終わらないよね?
LIKEじゃなくてLOVEだよね?そういう展開期待していいんだよね(騒ぐ腐女子の血)

そんな感じで実写化もされた大人気のこの漫画、気になる1巻の内容は…
冷川の助手をすることになった三角。
彼らは依頼された「出る」場所に行き除霊をする。
そこで二人は霊の「非浦英莉可に騙された」という声を聞く。
非浦英莉可とは一体何者なのか…!?
ってな感じでした。

こういうジャンルはあんまり読んだことがないので楽しみです(゚∀゚)


ネタバレあり感想

いや三角と冷川のスキンシップの多さよwwwww
除霊に必要な段階ってのは分かってるけど、もうエロじゃん!!

おいおいおい!
ほんのりホラー×ほんのりBLってポップついてたけど
しっかり性的じゃないですか!!ありがとうございます!!

この二人これからお互い意識して特別な気持ちが芽生えるんですよね!?
ありがとうございます!!!(全力)

三角はもっと冷川に警戒心むき出しでなかなか距離縮まらないんだろうなって勝手にBLの王道ストーリー想像してたけど(私ったらすぐそっち系に繋げようとしちゃうんだから…)全然そんなことはなく、意外とすんなりどこにでもついていくタイプで笑った。

そして1巻からいきなり男二人ONAJIベッドで寝ないと帰れま10!!
ありがとうございました!!!
そういう設定ってヲタクの世界のみでしか使われないと思ってた笑
そんで幽体離脱とかもしちゃうのね!
オカルト系のことは結構なんでも取り入れるスタイルなのかしら。

ストーリー中に何回も冷川の話し方が少し変っていう描写があったけど
彼は彼でまた抱えているもんがあったりするのかな~
冷川の過去絡ませて三角との絆強まるみたいな展開ありそう。

いや~それにしても3人の女の死体をばらばらにして一人の人間を作るって…
えぐい…
内容がえぐいよ、おえっ
そこで初めて出てきた非浦英莉可という名前。
なんとこの1巻のラストでもうご登場。
彼女の残した痕跡とか事件から彼女を探しだすストーリーだと思って読んでたわ。

どう続くのか楽しみですなあ。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

参加してます。

国内最大級の品揃え【DMMブックス】

【ひかりTVブック(電子書籍)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました